オグリの里

 ラストランでの有馬記念制覇をたたえる伝説のオグリコールから四半世紀。2010年の永眠後も、全国の競馬ファンが選ぶJRA「未来に語り継ぎたい名馬」のベスト3にランクされるなど、輝きを増し続けるオグリキャップ。名馬、名手の里・笠松競馬からJRA入りして快進撃を続け、地方と中央の垣根を超越した走りでファンの心をつかんだ。地方・中央の人馬交流の懸け橋となった功績を広く顕彰するとともに、その魅力を皆さんと語り継ぎたい。

「生涯現役」パクじぃにNAR感謝状(芦毛伝説)

写真:舌を出し、ちゃめっけたっぷりのパクじぃと、NARの感謝状を手にする塚本幸典さん

舌を出し、ちゃめっけたっぷりのパクじぃと、NARの感謝状を手にする塚本幸典さん

 「お馬さんだ〜」と駆け寄る子どもたちの前で、いつも立ち止まって、記念撮影に収まる姿はほほ笑ましいものだった。

 笠松競馬場の魅力の一つは、ファンと競走馬の距離が近いこと。笠松競馬場一筋に「生涯現役」を貫いたパクじぃ(ハクリュウボーイ)は30歳まで長生きし、2013年6月1日に老衰のため、天国へと旅立った。

 1985年にデビューし、レースでは50戦12勝、2着8回と好成績。90年から誘導馬を務めたほか、スタンド前やウイナーズサークルでのファンとの触れ合い、入場門での出迎えなどで人気を集めた。誘導馬としては1日10レースあれば、装鞍所からパドックまで10往復で10キロ以上を歩いたことになり、たくましい馬体が印象的だった。(続きを読む...)

「オグリの里」一覧

〜バックナンバー〜

※項目をクリックでリスト展開。

筆者プロフィール

【ハヤヒデ】
80年代から笠松競馬を愛し、オグリキャップの走りに感動した競馬ファンの一人。岐阜新聞社に勤務。