オグリの里

ライデンリーダー、歴史に残る豪脚

写真:笠松競馬・年末特別シリーズの「岐阜新聞・岐阜放送杯」で、ファンが詰め掛けたスタンド前を疾走する競走馬=2015年12月

笠松競馬・年末特別シリーズの「岐阜新聞・岐阜放送杯」で、ファンが詰め掛けたスタンド前を疾走する競走馬=2015年12月

 有馬記念は、予想通り見応えのあるゴール前の攻防となり、3歳馬サトノダイヤモンド(ルメール騎手)がキタサンブラック(武豊騎手)をきっちり差し切って、栄冠をつかんだ。

 最近のファンは、競走馬の仕上がり具合をよくチェックしているようで、投票締め切り直前には、サトノダイヤモンドを単勝2.6倍の1番人気に押し上げた。配当は安かったが的中者は比較的多く、うれしい「クリスマスプレゼント」にもなったことだろう。

 今年の中央競馬は終わったが、地方競馬は年末年始も大にぎわい。笠松では年末特別シリーズを開催しており、28日の岐阜新聞・岐阜放送杯はウインステージが優勝。重賞レースは、30日に2歳牝馬による「ライデンリーダー記念」、31日には年末の名物レース「東海ゴールドカップ」が行われる。「今年最後の運試しに」「年越しへの大勝負に」と、競馬をライブで楽しもうというファンが詰め掛け、盛り上がる。

 ライデンリーダーといえば、1995年に地方・笠松から中央の舞台を駆け抜けたスーパーヒロイン。日本競馬史のターニングポイントとなった大きな変革の年で、地方所属馬にも、中央のGTレース出走の門戸が開かれた。その「地方・中央交流元年」の象徴的な存在として、ライデンリーダーは脚光を浴びた。人馬の地方・中央交流は進み、その後のアンカツさんら地方騎手の中央移籍にもつながった。

写真:荒川友司元調教師

荒川友司元調教師

 笠松競馬を語る上で忘れてはいけない人が、ライデンリーダーを育てた荒川友司元調教師である。80年代後半から90年代にかけ、ワカオライデン産駒を中心にした荒川厩舎所属馬の快進撃が目を見張った。有馬記念を制したテンポイントが叔父だったワカオライデン。中央の朝日チャレンジカップを勝ったが、脚部不安のため、笠松の荒川厩舎に転入。数々の重賞制覇後、89年から種牡馬となり、ライデンリーダーらの活躍馬を輩出した。ホワイトナルビー産駒のオグリ一族とともに、荒川厩舎のワカオライデン産駒は笠松で一時代を築き上げ、地方から中央への「関門突破」にも大きな役割を果たした。

 ジュニアグランプリの歴代優勝馬には、荒川厩舎の馬がずらりと並んでいる。キャップと同じ芦毛の馬体で「女オグリ」とも呼ばれた89年のマックスフリート(父ダンサーズイメージ)は、全日本サラブレッドカップや東海菊花賞を制覇。ワカオライデン産駒のサブリナチェリーは名古屋の駿蹄賞を制し、小倉日経オープンやダービーグランプリにも挑戦した。

写真:強烈な末脚を発揮し、報知杯4歳牝馬特別を圧勝したライデンリーダーと安藤勝己元騎手=1995年3月、京都競馬場

強烈な末脚を発揮し、報知杯4歳牝馬特別を圧勝したライデンリーダーと安藤勝己元騎手=1995年3月、京都競馬場

そして94年6月、名牝ライデンリーダー(父ワカオライデン、母ヒカリリーダー)が笠松でデビュー。地元で10連勝を飾り、中央初戦の桜花賞トライアル「報知杯4歳(現3歳)牝馬特別」では、オグリキャップの中央デビュー戦と同じ2番人気で、ファンの注目を集めた。

 レースは圧巻だった。3コーナーまでは、アンカツさんが手綱をしごいて追っつけ通しで、「やっぱり中央の流れには付いていけないのか」と思わせる厳しい展開だった。ところが、最後の直線を向いて大外に持ち出すと、残り300メートルほどから矢が放たれたような勢い。前を行く1番人気エイユーギャルを一気にかわすと、3馬身半も突き放した。他馬が止まって見えるほどで、歴史に残る豪脚を発揮した。

写真:ライデンリーダーの4歳牝馬特別優勝を祝う関係者

ライデンリーダーの4歳牝馬特別優勝を祝う関係者

テレビ実況では、杉本清アナウンサーの仰天ぶりが、その強さを物語った。「おおっと外からライデンリーダー来たぞー。抜けたーライデン、恐れ入った、ライデンリーダー1着。なんとまあ強い。いや〜これはすごい」。中央との間にあった高くて大きな壁を、地方所属馬が一気に破壊した瞬間だった。

 騎乗したアンカツさんも「4コーナーからの伸びが今までと全然違った。まだ完成されていない馬だけにこれからが楽しみ」とその走りっぷりに驚いた。パドックには、ライデンリーダーの横断幕が五つ。笠松から兄アンミツさんら約40人が応援に駆け付け、勝利に歓喜した。小野晃司元厩務員は「感無量です」と目を潤ませ、荒川元調教師は「笠松からはるばる京都まで来たかいがあった。桜花賞でも頑張ります」と意欲を示した。「笠松にライデンリーダーあり」とその名は全国にとどろき、競馬ファンを魅了した。

このコラムに対するコメントをお寄せください

ネーム:(必須)
メールアドレス:(必須・半角英数)
コメント:

※投稿は承認後、順次掲載します。そのためすぐには反映されません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

「オグリの里」一覧