2002年夏、岐阜市内線

名鉄岐阜市内線を走るモ770=2002年8月、金宝町

名鉄岐阜市内線を走るモ770=2002年8月、金宝町

気がついたら3月。

そして時刻は3月20日午前4時30分。

最近は、仕事上がりでいろいろやっていると、こんな時間になっています。

古い写真をまとめていたら、2002年夏の写真を見つけました。

もう15年前か…。

名鉄岐阜市内線のモ770です。
モ773だと思われます。

この日、特に何かあったというわけではないです。
何気なくカメラを向けていたようです。

日常の一コマが、とてつもなくいとおしく感じました

【写真】名鉄岐阜市内線を走るモ770=2002年8月、金宝町

名鉄3400系「いもむし」

名鉄3400系「いもむし」のさよなら運転で、可児川―西可児間の可児川の鉄橋を渡る新可児行き普通=2002年8月31日

名鉄3400系「いもむし」のさよなら運転で、可児川―西可児間の可児川の鉄橋を渡る新可児行き普通=2002年8月31日

手持ち写真の整理をしていたら、懐かしい写真を見つけました。

名鉄3400系のさよなら運転のときの一コマ。
2002年8月なので、もう15年前の話になるんですね。

場所は広見線の可児川の鉄橋。
まさか、このときは、ここが仕事場になるなんて全く想像もしてませんでした。 続きを読む

エンジンの鼓動再び~旧神岡鉄道「おくひだ1号」4月に10年ぶり自走

 

発車を待つ神岡鉄道の列車。廃止間際は2両編成で運行されていた=2006年11月28日、猪谷駅

発車を待つ神岡鉄道の列車。廃止間際は2両編成で運行されていた=2006年11月28日、猪谷駅

2006年11月いっぱいで運行を終えた神岡鉄道。
その車両がおよそ10年ぶりに自走することになりました。

26日付の岐阜新聞朝刊県内版に、記事が掲載されています。
というか、この紙面の見出しなどの担当は自分です。

なお、岐阜新聞Webでも記事が掲載されています。
おくひだ1号、10年ぶり自走 4月イベント

「おくひだ1号」は、廃線後も旧神岡鉱山口駅の車庫で保管され続けていました。

4月に開かれるイベントで、旧神岡鉱山前駅から旧奥飛騨温泉口駅まで自力で移動するということです。

続きを読む