「帰ってきた」

旧奥飛騨温泉口駅に到着したKM-101「おくひだ1号」=2017年4月8日

旧奥飛騨温泉口駅に到着したKM-101「おくひだ1号」=2017年4月8日

先月書いた、旧神岡鉄道「おくひだ1号」復活のときの話の続きです。

前回はこちら(旧神岡鉄道「おくひだ1号」復活

旧神岡鉄道の車庫は神岡鉱山前駅にあり、
廃線後も残されていた車両は、ここに保管されていました。

復活の日は、神岡鉱山前から奥飛騨温泉口まで自走したことになります。

旧奥飛騨温泉口駅には、神岡の皆さんが集まっていて、およそ10年ぶりにこの駅に姿を見せることになる「おくひだ1号」を待ち構えていました。

続きを読む

「ぎふ鉄道博物館」開幕

岐阜県内のローカル鉄道の車両の模型を、風景とともに紹介する展示

岐阜県内のローカル鉄道の車両の模型を、風景とともに紹介する展示

岐阜駅前の岐阜シティ・タワー43で29日、恒例のイベント「ぎふ鉄道博物館」が開幕しました。

初日の29日と30日は、このブログでもおなじみの「ぎふトレ」さんが出展しています。

疾走する381系「しなの」の模型

疾走する381系「しなの」の模型

続きを読む

旧神岡鉄道「おくひだ1号」復活

およそ10年ぶりに復活した旧神岡鉄道「おくひだ1号」=2017年4月8日、神岡大橋~奥飛騨温泉口間

およそ10年ぶりに復活した旧神岡鉄道「おくひだ1号」=2017年4月8日、神岡大橋~奥飛騨温泉口間

旧神岡鉄道のKM-101「おくひだ1号」が2017年4月8日、およそ10年ぶりに復活しました。

自分は奥飛騨温泉口で出迎えたのですが、汽笛が聞こえ、前照灯が見え、エンジンの音が近づいてきて、「ああ、本当に動いたんだ」と思うと同時に、涙もにじんでました。

続きを読む