三江線、最後のダイヤ改正

浜原駅ですれ違う三江線の列車=2017年11月21日午後

浜原駅ですれ違う三江線の列車=2017年11月21日午後

あれ、気が付いたら12月が終わりかけている…

JR各社の春のダイヤ改正・見直しは、2018年は3月18日となり、先日、各社から概要が発表されました。

いろいろと目玉となるトピックはあるかと思うのですが、自分が目を引いたのはJR西日本の三江線。
2018年3月31日限りで運行を終える三江線ですが、この改正で、口羽~浜原間が増発という格好になります。

三江線は、昼間に乗ることができる列車が限られていて、特に三次10:02発の石見川本行きに乗客が集中するようです。
自分が秋口に乗ったときも、この列車に乗ったのですが、平日にもかかわらず、2両編成の列車がホームに入ったとたんに座席が埋まるという状況でした。

午後の、浜原と口羽で折り返す区間列車を延長する形で、三次と江津を直通する列車を増やすことで、名残りで乗る人々を分散させようということかと思われます。

運行終了間際に増発と聞いて、私は名鉄谷汲線を思い出しました。
谷汲線は、所定は1時間に1本のところ、30分に1本の運行になってました。

どの路線でも「普段からこれだけ乗っていれば、なくならなかったのに…」という話を聞きます。
この話も一度しておきたいところではあります。

【写真】浜原駅ですれ違う三江線の列車=2017年11月21日午後

JR三江線

JR三江線の列車。2018年3月末での廃線が決まり、連日多くの人が押し寄せる=島根県邑智郡美郷町、粕淵駅近く

JR三江線の列車。2018年3月末での廃線が決まり、連日多くの人が押し寄せる=島根県邑智郡美郷町、粕淵駅近く

先日、JR三江線に乗ってきました。

JR三江線は、島根県の江津駅と広島県の三次駅を、江の川に沿って結ぶ全長108.1キロの路線です。
来年3月末限りでの廃止が決まっています。

廃止を控え、連日多くの人が押し寄せているようです。

自分が訪れたのは、青春18きっぷの季節を外した平日だったのですが、三次10:02発の石見川本行きの列車は、発車30分前には座席が埋まるほど。広島方面からの列車が着くと、立ち席が目立つという状況でした。

続きを読む

岐阜市でトランジットモール

岐阜市中心市街地で行われたトランジットモール。ぎふメディアコスモスと岐阜駅を結ぶシャトルバスも連節バスを使って運行された=2017年11月18日午後、岐阜市の徹明町バス停

岐阜市中心市街地で行われたトランジットモール。ぎふメディアコスモスと岐阜駅を結ぶシャトルバスも連節バスを使って運行された=2017年11月18日午後、岐阜市の徹明町バス停

岐阜市中心市街地の大通りを歩行者と路線バス専用にするトランジットモールが、18、19の両日行われています。

長良橋通りの片側2車線の道路のうち、歩道側1車線に出店、もう1車線をバス専用レーンにするもので、バス停でいうと金宝町から柳ケ瀬の少し北までの区間が対象です。

期間中、JR岐阜駅とぎふメディアコスモスを結ぶシャトルバス(運賃100円)も運行されます。
岐阜バスの連節バス2台を使っての運行で、専用の行き先表示も出ていました。

【写真】岐阜市中心市街地で行われたトランジットモール。ぎふメディアコスモスと岐阜駅を結ぶシャトルバスも連節バスを使って運行された=2017年11月18日午後、岐阜市の徹明町バス停