189系特急「かいじ」

新宿駅に到着した、189系の臨時特急「かいじ」=2017年8月13日、新宿駅

新宿駅に到着した、189系の臨時特急「かいじ」=2017年8月13日、新宿駅

あれ、もう8月の終わりが見えてきた…
なかなか遠出ができないのですが、先日、新宿で中央線の特急電車を眺めてくることができました。
189系の臨時「かいじ」。
中央東線の特急は、「スーパーあずさ」がE351系、「あずさ」「かいじ」がE257系なのですが、
お盆や年末年始といった時期には、1世代前の国鉄型車両189系が「あずさ」「かいじ」で走る機会があります。
個人的な話ですけれども、かつて甲府あたりで「あずさ」「かいじ」の183系に慣れ親しんだもので、その名残みたいなものを見てきた次第です。
新宿駅に着いた「かいじ」180号。
「かいじ」はこのヘッドマークですね。
車体の色は、分割民営化直後に登場した「グレードアップあずさ」。
中央東線の特急は、E351、E257の次の世代となるE353系が試運転を続けているようです。
E353系が登場すれば、その2世代前の国鉄型が…という話になりそうなので、また機会あれば見に行きたいところです。
…この記事中、しれっと「183系」と「189系」を混ぜてみましたが、ぶっちゃけ見た目はあまり変わらないです。
じゃあ、何が違うの?という話ですけれども、その説明をすると20年前の9月30日の出来事を話すことになるのかな、と。
ていうか、もう20年前か…
(その辺の話、できるかなぁ)

続きを読む

7月も半ばをすぎました

岐阜市信長公450プロジェクトラッピングの名鉄3308編成=名鉄一宮駅

岐阜市信長公450プロジェクトラッピングの名鉄3308編成=名鉄一宮駅

7月ももう半ばを過ぎております。
梅雨も明けたようです。

…えー、ひとまず写真だけ出しておきます。

名鉄3300系3308編成。
岐阜市の信長公450プロジェクトのラッピングとなっています。

もろもろの話は後日で

【写真】岐阜市信長公450プロジェクトラッピングの名鉄3308編成=名鉄一宮駅

「ひだ」後継はハイブリッド車

特急「ひだ」「南紀」のキハ85系の後継となる車両について、ハイブリッド方式による車両を開発するとJR東海から発表がありました。

概要を記しておくと
▽エンジンの発電とブレーキ時に蓄電池にためた電力を組み合わせ、モーターを回す
▽2019年末に試作車(4両編成)を製造。1年間をめどに性能試験や耐久試験
▽量産は2022年度の投入をめどに検討

キハ85の登場は、分割民営化直後の1989年。
今でも古さを感じないですが、ほぼ30年選手になるんですよね。