2009年02月27日 09:55

FC岐阜、東海・北信越大学選抜と練習試合

カテゴリー: FC岐阜ニュース 09:55

ドリブルで攻めるFC岐阜のMF片桐淳至=北西部運動公園 サッカーJリーグ二部(J2)の開幕に向けて調整を続けているFC岐阜は26日、岐阜市の北西部運動公園で東海・北信越大学選抜と45分3回の練習試合を行い、2―4で敗れた。
 FC岐阜は、2回目途中から主力選手を投入してほぼ全選手が出場。しかし、疲労がたまっているのか、選手たちの動きは重く、プレーが散漫。パスがつながらず、ゴール前のシュートを外すなど精彩を欠いた。

 一方、大学選抜は来月出場するデンソーカップの選手選考を兼ねており、選手たちが積極的な動きでアピール。ミドルシュートやフリーキックから果敢にゴールを狙い、得点を重ねた。
 FC岐阜の松永英機監督は「疲れがある中でもやるべきことをきちんとトライしていくことが大事。もっとプレーの精度を上げていきたい」と気を引き締めていた。

 3月1日には、JFLのSAGAWASHIGAFCと守山陸上競技場(滋賀県守山市)で練習試合を行う。

2009年02月27日 09:49

【今季注目の選手たち(3)】 FW佐藤洸一

カテゴリー: FC岐阜ニュース 09:49

宮崎キャンプで、相手DFの激しいマークに遭いながらドリブルするFW佐藤洸一=清水台総合公園 ◆勝負強さと高さ魅力
ストライカーにとって、勝負強さは欠かすことのできない要素だ。
 昨年10月の第40節、モンテディオ山形戦。そこで、四日市大から特別指定選手としてチームに加わっていた21歳が、ここ一番の決定力を見せた。
 センターサークル付近からスルーパスで抜け出し約30メートルのドリブル。DFのタックルもかわし、得点を決めた。「あのゴールで(入団が)決まったのかも」。初出場で初得点。鮮烈な印象を残した。

 四日市市立日永小学校で2年の時にサッカーを始めた。親は野球をさせたかったと言うが、「ちょうどJリーグが開幕し、サッカー選手にあこがれた」。小、中学校では、三重県選抜にも入った。ただ、「特にサッカー選手になりたかった訳ではない」と言う。 (続きを読む…)

(C) 岐阜新聞社