right 左右のMF、高木和正と梅田高志で計3得点。若手とベテランが担う“FC岐阜の翼(ウイング)”が大爆発した。ともに「いい時間帯に得点できた」と笑顔。それぞれの持ち味を存分に発揮した。

 左の高木は、スピードを生かしたドリブルで相手DFを抜き去り後半14分にゴール。梅田はその2分後、MF菅和範のクロスを「たぶん初めて」というヘディングシュートで1点目。さらに後半38分、FW片桐淳至のクロスを巧みに押し込んで2点目を挙げた。

 23歳の高木は「本当にいい形だった。こんなにうまくいくことは、あまりないですよ」とはにかみ、31歳の梅田は「チーム戦術をうまく実行でき、理想的な試合だった」と冷静だった。

(写真)ダメ押しとなる4点目を挙げサポーターとともに喜ぶFC岐阜のMF梅田高志(33)=レベルファイブスタジアム

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2