岐阜新聞Web・FC岐阜特集

FC岐阜のJ2での活躍や話題を紹介するサイトです

2014年06月23日 月曜日

ラモス監督が技伝授 白川町で小学生サッカー教室

カテゴリー: FC岐阜ニュース 09:57

ramosu 加茂郡白川町河岐の清流国体記念運動公園・大野台パークで22日、県主催の「ラモス清流の国づくり夢プロジェクトサッカー教室」が開かれ、小学生がサッカーJ2・FC岐阜のラモス瑠偉監督からパスなどの技術を学んだ。

◆巧みなリフティング披露

 県内唯一のプロサッカーチームのFC岐阜の試合に触れる機会が少ない中濃、東濃、飛騨、西濃の4圏域で順次企画され、中濃圏域が第1弾。青少年の健全育成と交流を目的に初めて開かれた。同町のフットサルチームを運営するチャオ白川スポルトクラブと東白川村の小学生合わせて約90人が参加し、親と指導者ら約200人が見守った。

 子どもたちは、ラモス監督が「ボールの扱いがうまくなるため、続けてやったほうがいい」と説明したリフティングに挑戦。ラモス監督が足の甲、膝、頭などを使って手本を示し、こつを教えてもらった。ドリブル、パスの練習をした後、一部の指導者を交えて学年ごとに、ラモスチームとのミニゲームを楽しんだ。

(写真)ラモス瑠偉監督にリフティングを教えてもらう子どもたち=加茂郡白川町河岐、大野台パーク

(C) 岐阜新聞社