長身と足元の技術でレギュラー入りを狙うGKポープ・ウィリアム◆高いキック精度に自信
二人のベテランGKとともにしのぎを削っているのが、21歳の若手ポープ・ウィリアムだ。昨季レギュラーの常沢と新加入の高木がライバルで「自分が一番若い。練習量で上回って、自分の全力を出し切れば試合に出場できるはず」とひたむきに努力を続けている。
「オンとオフのめりはりがあって明るい」とチームの雰囲気を話し、すでに周りと溶け込めている。長所の大柄な体格を生かしたシュートストップやハイボールの処理が魅力。さらに「キックの精度も自信があり、カウンターの起点として攻撃参加もできる現代的GK」と胸を張る。
シーズン開幕までおよそ3週間に迫り「日々の生活をしっかり過ごして良い状態を維持していきたい」と意気込む。
(写真)長身と足元の技術でレギュラー入りを狙うGKポープ・ウィリアム

関連記事

FC岐阜、敗れる 福岡に0―2

自分らしい人生、大切に FC岐阜前社長・恩田さんが講演

FC岐阜に400人がエール キックオフパーティー

柳ケ瀬に開幕戦告知ポスター サポーターら掲出

FC岐阜オフィシャルスーツ披露 ワキタが製作

「シネマスタッフ」がサポートソング提供