サッカーJ2のFC岐阜は22日、Jリーグ加盟10周年を記念した公式マスコットキャラクター「ギッフィー」を発表した。クラブによると、Jリーグ初の植物をモチーフにしたキャラクターで、エンブレムにもある県の花「レンゲ」をイメージしたデザインとなっている。

 作者は愛知県豊橋市の会社員山岡怜二さん(34)。公募での応募作品200点の中から最優秀賞に選ばれた。

 選定委員の日比野克彦FC岐阜特別顧問は、レンゲの花をイメージした頭部に加え「織田信長のような勇ましい眉毛とまつげは岐阜の『G』の形になっているのもポイントの一つ」と選定理由を述べた。

 この日、岐阜市の長良川競技場でサポーターらに披露され、ギッフィーがプリントされたTシャツやタオルマフラーの販売が始まった。10月のホーム戦で着ぐるみが登場する予定。

(写真)FC岐阜の公式マスコットキャラクター「ギッフィー」=22日午後、岐阜市長良福光、長良川競技場

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2