J2のFC岐阜は7日、韓国1部大邱からMF禹相皓(25)が完全移籍で加入したと発表した。

 禹は北海道出身で韓国籍。柏U―18から明海大(千葉)を経て、モンテネグロ1部のチームに1年在籍した後、2016年から大邱で2年間プレーした。昨季はリーグ戦14試合に出場し、0ゴール。正確なパスでチャンスをつくり出し、フィジカルコンタクトの強さも魅力。「FC岐阜の力になれるよう頑張っていきたい」とコメントした。

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2