今季、サッカーJ2FC岐阜のユニホームスポンサーになった野田クレーン(岐阜県大垣市赤坂新田)が、Jリーガーからも人気のサッカー漫画「キャプテン翼」の主人公・大空翼を使ったロゴを左袖に入れた。クラブ関係者によると、ユニホームスポンサーのロゴとして、漫画やアニメキャラクターを使用するのはJリーグチームで初めてという。

 クラブが21日に岐阜市内で開いたイベントで発表された。ロゴは、同社とフロムワン(東京)が連携して今年秋のオープンを目指すサッカー、フットサル場「キャプテン翼スタジアム垂井」(不破郡垂井町)をPRするもの。高橋陽一さん作の「キャプテン翼」は国内外で世代を超えた根強い人気がある。

 FC岐阜の宮田博之社長は「世界中の人が知っているキャラクターがユニホームの袖に入った。評判につながれば」と力を込める。クラブはフロムワンを通じて、高橋さんとのコラボ企画も検討しており、サッカー漫画を代表するキャラクターとともに躍進を狙う。

野田クレーンがスポンサーになり、ユニホーム左袖に入れたロゴ(FC岐阜提供)

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2