明治安田J2の第4節は17日、11試合を行った。FC岐阜はアウェーの西京極総合運動公園陸上競技場(京都市)で京都に1-2で敗れた。1勝3敗で勝ち点3のまま、順位を19位に下げた。

 岐阜は前半18分に先制点を許した。GKビクトルが一度は相手シュートをセーブしたが、こぼれ球を押し込まれた。前半終盤に攻め込む時間があり、41分にFW古橋がゴール前のこぼれ球に素早く反応。落ち着いてゴール左上に蹴り込み追いついた。

 後半序盤は古橋がシュートを放つなど善戦。しかし、徐々に自陣でのプレーが増え、30分にペナルティーエリア内からのクロスを中央で合わせられて決勝点を献上した。

 そのほか、水戸が山口に3-0で快勝して勝ち点10とし、得失点差の首位に浮上した。

 第5節の岐阜は21日、ホームの長良川競技場で20位栃木と戦う。

京都×岐阜=前半41分、シュートを決める岐阜のFW古橋(右)=西京極総合運動公園陸上競技場

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、複数得点で連勝狙う あすアウェー京都戦