“神秘の地”へ一歩 夜叉ヶ池で山開き − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

“神秘の地”へ一歩 夜叉ヶ池で山開き
2016年06月05日 09:58
写真:“神秘の地”へ一歩 夜叉ヶ池で山開き
夜叉ケ池を目指して出発する登山者=揖斐川町坂内川上、夜叉ケ池登山道入り口

 岐阜、福井県境にある夜叉ケ池の山開き式が4日、揖斐川町坂内川上の登山道入り口で行われた。待ちわびた多くの人が伝説の池への登山を楽しんだ。

 夜叉ケ池は標高1100メートルの山頂付近にある池で、日照りに困った郡司が、雨を降らせた返礼に池の龍神に娘を嫁がせたという伝説が残されている。神秘的な風景や四季折々の自然があり、県側からは毎年約6千人が訪れている。

 今年は雪が少なく、例年並みの山開き。式では宗宮孝生町長、田中正敏坂内観光協会長ら関係者や登山者約100人が今季の無事を祈った。

 式の後に登山者が出発。夜叉ケ池を目指し片道約3キロの登山道を歩いた。登山シーズンは雪が降り出す11月末まで。