イチローの“お宝バット”展示 高山市の光ミュージアム − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

イチローの“お宝バット”展示 高山市の光ミュージアム
2016年08月09日 10:11
写真:イチローの“お宝バット”展示 高山市の光ミュージアム
イチロー選手のユニホームなどに見入る来館者=高山市中山町、光ミュージアム

 米大リーグ、マーリンズのイチロー外野手のメジャー通算3千安打を記念する特別展示が、高山市中山町の光ミュージアムで開かれている。イチロー選手が試合で使用したユニホームやバットなど12点が並ぶ。9月4日まで。

 展示しているのはマリナーズ時代のユニホームやスパイク、バット、打撃用手袋など。アニメ「ドラゴンボール」などを手掛けた脚本家小山高生さんの収集品を借り受けた。

 吉井隆雄学芸課長は「イチロー選手は日本の宝。本物の用具を見て感動を分かち合ってもらえれば」と話している。