FC Kawasaki闘志 社会人サッカー27年ぶり出場 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FC Kawasaki闘志 社会人サッカー27年ぶり出場
2016年09月22日 12:19
写真:FC Kawasaki闘志 社会人サッカー27年ぶり出場
全国社会人選手権での活躍を誓った高橋誠監督(中)ら=各務原市役所

 サッカーの全国社会人選手権(10月21日開幕・愛媛県)に出場するFC Kawasakiの高橋誠監督(44)らが、各務原市役所で浅野健司市長に意気込みを語った。

 FC Kawasakiの同選手権への出場は、チーム名が「川崎重工岐阜」の時代から数えて27年ぶり4度目。同チームは、岐阜工高、各務原高、関商工高のOBらを中心に、県1部リーグで戦っている。

 トーナメントで競う同選手権では、1回戦でジョイフル本田つくばFC(関東1部、茨城)と対戦する。勝利すれば、2回戦で、元日本代表監督の岡田武史さんがクラブ代表を務めるFC今治(四国)との対戦が濃厚だ。

 高橋監督は「初戦を突破すれば、FC今治と対戦できる。死に物狂いで戦いたい」と意気込みを語り、浅野市長は「うれしい報告を待っています」と激励した。