待ってました初滑り ほおのき平スキー場、今季営業スタート − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

待ってました初滑り ほおのき平スキー場、今季営業スタート
2016年12月11日 10:18
写真:待ってました初滑り ほおのき平スキー場、今季営業スタート
ゲレンデは白一色となり、雪の感触を楽しみながら滑るスキーヤーら=高山市丹生川町久手、ほおのき平スキー場

 高山市丹生川町久手のほおのき平スキー場は10日、今季の営業を開始した。ここ数日の積雪で、ゲレンデは雪に覆われ、待ちわびたスキーヤーらが新雪にシュプールを描き、初滑りを楽しんだ。

 乗鞍岳の北麓標高1250〜1500メートルに位置し、コースは最長2キロで同市内では最大のスキー場。

 リフト乗り場近くのセンターハウスでは、関係者約70人が出席して安全祈願祭が行われ、神事に続き、同スキー場の山越辰雄理事長らがテープカットをしてオープンを祝った。昨季は暖冬で雪不足に悩んだが、今季は初日から白一色となり、関係者らの表情もにこやかだった。

 同市内から訪れた公務員の男性(35)は「雪質もよく今季は期待したい。休みにはできるだけ滑りに来たい」と話した。