ご当地焼きラーメン披露 恵那市恵南商工会青年部 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

ご当地焼きラーメン披露 恵那市恵南商工会青年部
2017年03月01日 09:32
写真:ご当地焼きラーメン披露 恵那市恵南商工会青年部
焼きラーメンを作る恵那市恵南商工会青年部のメンバー=同市明智町、大正村広場

 岐阜県恵那市の市恵南商工会青年部が開発した「恵南まるごと焼きラーメン」が、同市明智町の大正村広場で開かれた「わくわく恵南感謝祭!」(同青年部主催)で披露され、来場者が味わった。

 同商工会の合併10周年を機に、ご当地B級グルメを売り出そうと同青年部が考案。素材は恵南地域の特産品にこだわり、麺としょうゆは明智町産、肉は岩村町産の三浦豚を使用。串原のユズ、上矢作町のトマト、明智町のだしじょうゆを、山岡町産の寒天を使って3種類の後がけジュレにした。

 会場では、同青年部のメンバーが鉄板で焼いて調理し、1食500円で販売。販売開始前から子どもと一緒に並んで待っていた水野香保里さん(42)は「麺とソースがおいしく、並んだかいがあった」と喜んだ。

 同青年部広報委員長の堀大介さん(37)は「知名度を上げていき、イベントだけでなく、恵南地域の飲食店で提供できるようにしたい」と話した。