ヤドカリ、アート作品背負う 大垣スイトピアセンター − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

ヤドカリ、アート作品背負う 大垣スイトピアセンター
2017年04月23日 09:46
写真:ヤドカリ、アート作品背負う 大垣スイトピアセンター
中国の世界遺産「天壇」をかたどった透明の殻に入ったヤドカリ=大垣市室本町、スイトピアセンター

 透明な殻に入ったヤドカリが、岐阜県大垣市室本町のスイトピアセンター「水のパビリオン」に登場し、子どもたちに人気を集めている。9月18日まで。

 ヤドカリは、現代美術家AKI INOMATAさんの「やどかりに『やど』をわたしてみる」という作品。透明な殻は、内部をヤドカリが好む形にし、殻の外側には世界各地の都市の建物などをあしらい、3Dプリンターで出力して制作している。

 同センターに展示中のヤドカリの殻は、中国の世界遺産「天壇」を模している。透明なので、ヤドカリの体がどのように殻に入っているかも観察することができる。展示会場では、ヤドカリが透明の殻に引っ越しをする映像なども上映されている。