高校生、魂の一筆 ウルトラマラソンの盾に揮毫 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

高校生、魂の一筆 ウルトラマラソンの盾に揮毫
2017年05月20日 10:28
写真:高校生、魂の一筆 ウルトラマラソンの盾に揮毫
飛騨春慶の盾に揮毫する生徒=高山市下岡本町、飛騨高山高校

 飛騨高山高校(岐阜県高山市下岡本町)の書道部員18人が、6月11日に開かれる飛騨高山ウルトラマラソンで上位入賞者に贈る盾計24枚に題字を揮毫(きごう)した。

 盾は飛騨春慶の盆で、4部門の1〜6位に贈られる。生徒らは大会名と部門、順位を書いた。直径約24センチの優勝者用には「夢」や「輝」などの一字を添えた。市からの依頼で同校が担当し4回目。

 優勝者用の盾に「愛」と書いた女子書道部員(16)は「緊張で手が震えそうになった。丁寧に書いたので、大切にしてもらえれば」と話した。

 横断幕(縦約1・1メートル、横約3メートル)には、堂々とした字で大会名を書いた。