信長みたいに強く… いくさめし、いざ調理 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

信長みたいに強く… いくさめし、いざ調理
2017年08月23日 09:31
写真:信長みたいに強く… いくさめし、いざ調理
「信長公いくさめし」の調理に挑戦する親子ら=岐阜市明徳町、ドリームシアター岐阜
写真:信長みたいに強く… いくさめし、いざ調理
料理教室で作った「信長公いくさみそ汁」と「信長公いくさまん」

 勝負どきに味わってもらおうと開発された「信長公いくさめし」の料理教室が22日、岐阜市明徳町のドリームシアター岐阜で開かれ、市内の親子が調理に挑戦した。

 信長公いくさめしは、市信長公450(よんごーまる)プロジェクト実行委員会が昨年度、公募したレシピを基に6品を作成。教室は実行委がレシピを広めようと企画し、小中学生と保護者の15組約30人が参加した。

 この日のメニューは、具だくさんの「信長公いくさみそ汁」と、粘り強く戦えるよう大和芋を生地に練り込んだ「信長公いくさまん」の2品。大垣市出身のフードコーディネーター和田万祐さん(38)=名古屋市=が講師を務め、作り方をアドバイスした。

 親子は一緒に生地を練るなどして触れ合い、残り少ない夏休みの思い出を作った。

 父親と弟の3人で参加した岩小学校の男児(9)=岐阜市=は「楽しかった。食べたら、信長みたいに強くなれた気がした」と満足そう。父(49)は「子どもたちはスポーツ少年団のバレーボールを頑張っている。試合前に作ってあげたい」と話していた。