美濃焼新作4000点出品 土岐市で見本市 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

美濃焼新作4000点出品 土岐市で見本市
2017年08月25日 10:49
写真:美濃焼新作4000点出品 土岐市で見本市
陶磁器メーカーの新作が並ぶ会場=岐阜県土岐市土岐津町高山、セラトピア土岐

 岐阜県土岐市内の陶磁器メーカーが新作を紹介する見本市「美濃焼ニューコレクション土岐2017」が24日、同市土岐津町高山のセラトピア土岐で始まった。来場者らは、ニーズに合わせた多種多様な食器や酒器に見入っている。25日まで。

 市陶磁器工業協同組合連絡協議会が毎年開催。今回は市内7組合86社が約4千点を出品。大きく傾けても倒れることなく元に戻る丼、矢羽柄をモチーフにした涼しげなプレート、全自動ろくろ成形で大量生産できる仕切り皿などメーカー自慢の新作、一押し品が並んでいる。

 幹事組合の土岐津西部陶磁器工業協同組合の佐橋清治理事長は「市内のメーカーは量産から手作りまで幅広く対応できるのが強み。見本市でユーザーの声を聞きながら美濃焼ブランドを広めていきたい」と話した。