サラシナショウマ、秋の息吹 伊吹山 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

サラシナショウマ、秋の息吹 伊吹山
2017年09月02日 10:21
写真:サラシナショウマ、秋の息吹 伊吹山
小さな白い花を咲かせたサラシナショウマ=1日午後0時40分、岐阜・滋賀県境の伊吹山

 岐阜・滋賀県境の伊吹山(1377メートル)で、サラシナショウマが見頃を迎え、涼しい秋風に揺れる無数の小さな白い花を観光客が楽しんでいる。

 キンポウゲ科の多年草で、9合目付近に群生している。伊吹山ドライブウェイを管理する日本自動車道によると、8月の台風の影響で花の数は昨年と比べ少なめで、開花は1週間ほど遅かったという。

 大垣市から夫婦で訪れた男性(67)は「きれいに咲いた様子を見て、秋を感じた」と話していた。見頃は今月中旬まで。