「関ケ原膳」西軍派?東軍派? − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

「関ケ原膳」西軍派?東軍派?
2017年09月07日 09:41
写真:「関ケ原膳」西軍派?東軍派?
大垣フォーラムホテルで提供されている関ケ原合戦膳「家康」と関ケ原御膳「三成」(同ホテル提供)

 岐阜県大垣市万石、大垣フォーラムホテルのレストラン・鉄板焼「花水木」は、関ケ原合戦で東軍を率いた徳川家康と西軍を率いた石田三成にちなんだメニューを盛り込んだ関ケ原合戦膳「家康」と関ケ原御膳「三成」の提供を始めた。

 家康や三成が好きだった天ぷらや鮎の塩焼き、鉄砲の弾に見立てた焼きみそ茶漬けなどを用意。出陣式の三献の儀式で用いられた勝栗、昆布、祝い甘酒も再現した。料金は家康は5500円、三成が1600円(いずれも税別)で、事前予約が必要。三成はランチのみ。

 また同ホテルは、オープンギャラリーでよろいかぶとや火縄銃、大砲のレプリカなどを展示。「家康」を提供する特別宿泊プランなども企画している。担当者は「西濃地域全体で関ケ原を盛り上げていきたい」としている。

 予約・問い合わせは同ホテル、電話0584(81)4170。