品種改良の菊、命名可能 気に入った種類に − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

品種改良の菊、命名可能 気に入った種類に
2017年09月07日 09:47
写真:品種改良の菊、命名可能 気に入った種類に
品種改良中の菊が鮮やかな花を咲かせる品種改良畑=高山市上野町

 菊の品種改良に取り組むみさき園芸(岐阜県高山市三福寺町)の社長山田周一さん(65)の品種改良畑(同市上野町)で、菊が白やオレンジ、黄の鮮やかな花を咲かせている。5日から来場者向けに観覧を開始した。

 山田さんは、祖母の影響で幼い頃から花に興味があった。農業高校に進み、高校生の頃から菊の栽培を開始。その3、4年後、11月上旬に咲くスプレー菊を夏に咲かせようと品種改良に取り組み始めた。

 品種改良畑は、山田さんが土地を借りて管理。約30アールに約5千種類、約1万5千本の菊を作付けしている。山田さんは「いろんな種類がある点、花が開いた時の美しさなど菊の魅力を感じてほしい」と呼び掛けた。

 期間は、11月上旬ごろまでで、時間は午前9時〜午後5時。観覧料は1人500円。観覧して気に入った菊があれば、品種名を付けることもできる。観覧希望などの問い合わせは山田さん、電話0577(34)6975。