体長110センチのニシキヘビ捕獲 北方署 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

体長110センチのニシキヘビ捕獲 北方署
2017年09月08日 09:35
写真:体長110センチのニシキヘビ捕獲 北方署
瑞穂市内の民家で捕獲されたボールニシキヘビ=北方署

◆飼い主探す

 北方署は岐阜県瑞穂市内の民家で、体長約110センチのヘビを捕獲した。ペットとして飼われていたが逃げたか、捨てられたとみられ、署は飼い主を探している。

 4日午後11時50分ごろ、民家の住民の男性から「玄関先にヘビがいる」と110番があった。署員2人が駆け付け、地面をはうヘビを発見した。署員3人が応援に加わり、1時間ほどをかけて手で頭部を押さえ、金属製のかごに入れて捕獲した。確認したところ、アフリカ原産のボールニシキヘビと判明した。飼育に許可は必要ないという。

 署では適切に飼育できる設備がないため、7日から愛知県のは虫類のペットショップに預かってもらっている。署幹部は「管内でこれほど大きいヘビの捕獲は記憶にない」と驚いている。