住民手作り、光のオブジェ 羽島市・江吉良駅一帯 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

住民手作り、光のオブジェ 羽島市・江吉良駅一帯
2017年10月29日 10:20
写真:住民手作り、光のオブジェ 羽島市・江吉良駅一帯
一帯をカラフルに彩るイルミネーション=羽島市江吉良町

 岐阜県羽島市の江吉良町、舟橋町の住民らが手作りした電飾でまちを彩る「え・ふねイルミネーションフェア」が27日夜、同市江吉良町の名鉄江吉良駅一帯で始まった。29日まで。

 住民同士の絆を深めようと毎年行い、7回目。約10万球の電飾を使い、高さ約10メートルの巨大ツリーや光のトンネルなどを設置。水田には市内の中央中学校美術部が手掛けた「シンデレラ城」など光のオブジェが並び、水面(みなも)に幻想的な姿を映す。

 市民グループや企業など約30団体が制作したイルミネーションの作品も展示し、来場者が写真に収めていた。

 午後5時30分から同8時30分まで。飲食のブースも出店する。