秋色に映える宇津江四十八滝 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

秋色に映える宇津江四十八滝
2017年11月01日 09:43
写真:秋色に映える宇津江四十八滝
紅葉と滝のコントラストが楽しめる宇津江四十八滝=高山市国府町宇津江

 岐阜県高山市国府町宇津江の「宇津江四十八滝」で紅葉がピークを迎えている。3日には同所で感謝祭も開かれる。紅葉の見頃は今月上旬ごろまで。

 宇津江四十八滝は県の天然記念物。約900メートルの間に高さ1・5メートルから18・8メートルの13の滝が連なり、散策しながら滝のさまざまな表情が見られる。

 31日には川岸のモミジやナラが鮮やかに色づき、白い滝と美しいコントラストを描き出した。多くの写真愛好家らが集まり、ベストアングルを探して歩き回った。

 3日午前9時から「四十八滝秋の感謝祭」が同所のレストハウスしぶきで開かれる。直径約1メートルの大鍋で作る豚汁「四十八汁」などが楽しめる。

 同所の四十八滝温泉しぶきの湯「遊湯館」は空調設備の更新のため今月27日から12月14日まで全館休業する。