大垣に最新ロボ技術集結 乗って操縦、対戦型も − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

大垣に最新ロボ技術集結 乗って操縦、対戦型も
2017年11月05日 09:25
写真:大垣に最新ロボ技術集結 乗って操縦、対戦型も
トレーラーから起き上がり見物客を沸かせた高さ10メートルの巨大ロボット=同市郭町、大垣公園

 最新のロボット技術に触れることができるイベント「ロボフェスおおがき2017」(大垣観光協会主催)が4日、岐阜県大垣市郭町の大垣城ホールなどで開幕した。5日まで。

 来年の市制100周年のプレイベントとして初めて開催。

 同ホール隣の大垣公園では、映画「THE NEXT GENERATION パトレイバー」の撮影に使用された高さ10メートルの巨大ロボットがトレーラーから起き上がり、見物客を沸かせた。

 同ホールステージでは、チアリーダー型ロボットがさまざまなフォーメーションでかわいらしいダンスを披露。乗り込んで操縦ができる対戦型ロボット「バトルキング」では、子どもたちがヒーロー気分で夢中になっていた。また、重い物を持ち上げる際の動作を補助するウエアラブルロボットの体験や、災害現場で使用するレスキューロボットの4分の1サイズのロボットの操縦体験もあり、人間の生活に役立つロボット技術に来場者が理解を深めていた。

 入場無料。一部の体験コーナーでは会場で整理券を配布する。