七色1300年彩る 養老の滝ライトアップ − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

七色1300年彩る 養老の滝ライトアップ
2017年11月08日 10:00
写真:七色1300年彩る 養老の滝ライトアップ
紅葉の季節に合わせライトアップされた養老の滝=岐阜県養老郡養老町

 岐阜県養老郡養老町の養老公園内にある「養老の滝」のライトアップを前に7日、試験点灯が行われ、名瀑(ばく)が七色に照らし出された。

 養老改元1300年祭の一環で、紅葉の時季に合わせて昨年に続き実施。長さ32メートルの滝を投光器で照らすほか、松風橋から滝まで約400メートルを10万球のLED(発光ダイオード)で彩る。孝子伝説にちなんだ電飾ヒョウタン3千個も並ぶ。

 モミジなど周辺の紅葉は今月中旬から来月にかけてが見頃といい、同町養老改元1300推進室の中島美佳さんは「改元1300年祭の本番なので電飾を倍増させた。昨年訪れた人も楽しめる」と話していた。

 点灯は11〜26日の土日祝日。午後5時から同9時まで。