恵那市公式キャラ「エーナ」 LINEスタンプ販売 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

恵那市公式キャラ「エーナ」 LINEスタンプ販売
2017年11月23日 10:15
写真:恵那市公式キャラ「エーナ」 LINEスタンプ販売
スタンプのイラストのデザインを担当した石川あんなさん(左)と鈴木果歩さん=恵那市役所

 岐阜県恵那市の公式キャラクター「エーナ」をデザインした無料通信アプリ「LINE」(ライン)のスタンプの販売が22日始まった。全40種のイラストは、同市の女性職員2人が手掛けた。エーナと特産の栗、明知鉄道などを描き、せりふに東濃弁を用いた。

 2014年に同市の公募で誕生した「エーナ」を積極的に活用しようと、若手職員の有志5人でチームをつくり、スタンプの制作を企画。メンバーで、健幸推進課の鈴木果歩さん(25)が下書きを担当、生涯学習まちづくりセンターの石川あんなさん(25)が仕上げた。

 スタンプは「おめでとう」「またね」など日常会話で使える40種一セット。「あんじゃない(大丈夫)」「かんかない(しょうがない)」など東濃弁のせりふもある。アプリ内のショップで「エーナ」で検索して購入する。価格は120円(50コイン)。

 同市がアプリを通じて販売する形で、売り上げは出産届の提出時にプレゼントするオリジナルステッカーの製作費に充てる。