冬季限定アップルパイ販売 高山市久々野町 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

冬季限定アップルパイ販売 高山市久々野町
2017年12月21日 09:24
写真:冬季限定アップルパイ販売 高山市久々野町
アップルパイを作る「果りん桃クラブ」の女性=高山市久々野町無数河、久々野特産品加工場

 岐阜県高山市久々野町産のリンゴをふんだんに使ったアップルパイの販売が21日、同町渚の道の駅飛騨街道なぎさで始まる。冬季限定の人気商品で、地元果樹農家の女性たちが丹精込めて作っている。

 パイは果樹農家の女性10人でつくる「果りん桃クラブ」(青木真澄代表)が製造。直径約10センチ、長さ約25センチの円筒状で、「ふじ」4個半分を入れる。口コミで人気を集め、今季も年内の予約枠はすでに埋まった。年内の店頭販売分は1日60〜70個ほどという。

 同町無数河の久々野特産品加工場では20日、発売を前にメンバーがパイを焼く作業に追われた。下田喜美代さん(65)は「今季のリンゴは小ぶりだが、パイ向きで味もいい」と話した。

 販売は来年2月中旬ごろまで。問い合わせは道の駅飛騨街道なぎさ、電話0577(52)4100。