手作り天然リンク笑顔咲く 郡上の小学校 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

手作り天然リンク笑顔咲く 郡上の小学校
2017年12月27日 09:39
写真:手作り天然リンク笑顔咲く 郡上の小学校
保護者手作りのスケートリンクでスケートを楽しむ児童=郡上市明宝小川

 岐阜県郡上市明宝小川の小川小学校は、保護者や地域の住民が学校近くに整備した恒例の天然リンクでスケート学習を始めた。7人の児童が歓声を上げながら滑りを楽しんでいる。

 リンク作りは、厳しい寒さを生かして30年以上前から続く取り組み。保護者らが空き地に日誌をつけながら水をまき、雪が降ると車を走らせて固める。その上にまたホースで水をまいて氷の層を重ね、30メートル四方のリンクにする。

 今季は例年より早い今月中旬に完成した。まだ氷が薄い部分もあるが、12月にスケートができるのは珍しいという。

 26日には2回目の授業が行われた。気温は氷点下3度と冷え込んだが、児童は夢中で滑り、ブラシホッケーの練習もした。6年の森菜々香さん(12)は「作ってくれた人に感謝しながら滑った」、山口瑞乃さん(12)も「冬休みは毎日くらい滑りたい」と笑顔を見せた。

 来年1月27日には「冬祭り集会」で保護者や住民に滑りを披露する予定。