「和豚もちぶた」のスペアリブ ドイツビールと楽しんで − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

「和豚もちぶた」のスペアリブ ドイツビールと楽しんで
2017年12月30日 09:00
写真:「和豚もちぶた」のスペアリブ ドイツビールと楽しんで
スペアリブ1本半と、玄米ご飯かパンにドリンク、スイーツが付いたランチセット=下呂市湯之島867の3、リゾートレストラン+タパスバー桜

◆リゾートレストラン+タパスバー桜(下呂市)

 岐阜県内でも珍しいスペアリブをメインにしたレストラン。15カ国のホテルでシェフ経験を持つドイツ人のエルウィン・グラッパーさん(56)と智子さん(57)の夫婦が営む。下呂温泉街の飛騨川沿いに店舗を構え、ロケーションは格別。

 国産ブランド「和豚もちぶた」のスペアリブを化学調味料を一切使わず調理する。歯応えは抜群。ランチセット(1400円)はスペアリブ1本半と、玄米ご飯かパンにドリンク、スイーツが付く。智子さんは「安心、安全なブランド豚肉を使用。意外とあっさりして子ども、女性にも人気です」と話す。

 タパス(小皿料理)は鶏肉やソーセージ、チーズなどを使った複数の日替わりメニューが並び、ドイツやベルギー産のビールと一緒に楽しめる。

《メモ》▽下呂市湯之島867の3▽営業時間 午前11時〜午後2時、同3時〜同10時▽定休日 火曜日▽電話 0576(25)2007