鵜匠の履物、受験お守りに うかいミュージアムで販売 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

鵜匠の履物、受験お守りに うかいミュージアムで販売
2018年01月06日 09:37
写真:鵜匠の履物、受験お守りに うかいミュージアムで販売
滑り止めの履物「足半」をモチーフにした受験お守り=岐阜市長良、長良川うかいミュージアム

 岐阜市長良の長良川うかいミュージアムで、鵜匠らが使う滑り止めの履物「足半(あしなか)」をモチーフにした受験お守り「ご鵜かく足半」が販売されている。

 足半は、わらじの半分の大きさでかかとの部分がない。指が出るため、川の中や舟の上でも滑らないという。

 お守りは、足半の約10分の1の大きさのミニチュアで、鵜舟の船頭がひも状の和紙を編んで作製。学問の神様を祭る長良天神神社(同市)で祈とうを受けた。

 わらの色、赤、青の3色あり、税込み450円。同館の事業課長河合昌美さん(41)は「1300年以上の歴史ある長良川鵜飼で、鵜匠が使う大切なアイテム。受験生の皆さんも携えて、試験までもうひと踏ん張りしてほしい」と話していた。