下呂温泉の夜空飾る 花火物語幕開け − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

下呂温泉の夜空飾る 花火物語幕開け
2018年01月10日 09:29
写真:下呂温泉の夜空飾る 花火物語幕開け
温泉街の夜空を染めた打ち上げ花火=下呂市幸田、飛騨川河畔

 冬の湯の街を彩る「冬の下呂温泉花火物語」が、岐阜県下呂市の下呂大橋下流の飛騨川河畔で開幕した。3月31日までの毎週土曜日と4月1日の夜に開催される。

 下呂温泉観光協会などでつくる下呂温泉花火ミュージカル冬公演実行委員会が主催。時間は午後8時30分から約10分間で、節分やバレンタインなど毎回、時節や行事にちなんだプログラムを行う。

 初日となる6日のテーマは「成人花火」。新成人を祝い、扇をイメージした仕掛け花火と赤やピンクを基調にした2500発の打ち上げ花火が夜空を染めた。

 下呂大橋の周辺にはホテルなどに宿泊する大勢の観光客が詰め掛け、趣向を凝らした花火を眺め、歓声を上げていた。