渓流釣り解禁 長良川中央漁協 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

渓流釣り解禁 長良川中央漁協
2018年02月01日 09:41
写真:渓流釣り解禁 長良川中央漁協
アマゴを放流する組合員=美濃市須原、長良川

 2月1日の渓流釣り解禁を前に、関、美濃両市の長良川や支流を管轄する長良川中央漁業協同組合は31日、美濃市須原の長良川などでアマゴを放流した。

 同組合は毎年、釣り人に楽しんでもらおうと解禁日に合わせ放流をしている。今年は1日も行い2日間で、長良川や板取川、武儀川、津保川など計25カ所で、計約1万3千匹を放流する。

 美濃市須原では組合員6人が体長20センチ超の成魚約750匹を放流。アマゴはしばらく近くを群れるようにして元気よく泳ぎ回っていた。

 同漁協洲原支部の加納秀樹支部長は「順調に育っているので、釣りを楽しんでほしい」と話していた。