スキップリンク

お相撲さん「胸貸して」 児童、木瀬部屋と交流
2016年06月27日
写真:お相撲さん「胸貸して」 児童、木瀬部屋と交流
力士と腕相撲をする子ども=羽島市桑原町午南、かんぽの宿岐阜羽島

 大相撲木瀬部屋の力士と子どもたちが交流する「力士と遊ぼう会」(はしま南部スポーツ村主催、岐阜新聞・ぎふチャンなど後援)が26日、羽島市桑原町午南のかんぽの宿岐阜羽島であり、児童ら約300人が力士の力の強さを体感した。

 木瀬部屋は、名古屋場所が近づくこの時期に羽島市内で稽古。会は、部屋と親交がある一般財団法人「国際クラブ」(同市)の協賛で毎年開催している。

 関取の徳勝龍さん、英乃海さん、宇良さんなど10人の力士らが登場した。子どもたちは腕相撲をしたり、力士1人を相手に大人数で相撲を取ったりして触れ合った。大きな体や太い腕の力強さに驚きながら、笑顔で心を通わせていた。