スキップリンク

LED工作楽しく 小中学生向け教室
2017年06月26日
写真:LED工作楽しく 小中学生向け教室
発光ダイオードを使った実験工作に熱中する小学生=岐阜市本荘、市科学館

 リフレッシュ理科教室が25日、岐阜市本荘の市科学館であり、小中学生約150人が、発光ダイオード(LED)を使った実験工作に挑戦した。

 岐阜新聞・ぎふチャンなど後援。応用物理学会東海支部(田中功支部長)が年に1度、小中学校の教員に授業で取り入れられる実験や工作を紹介しており、併せて子ども向けの体験教室を開いた。

 工学部の学生や教員らがスタッフを務め、3種類の工作を準備。参加者は、圧力を加えると電気が発生する「圧電体」を使い、振り子の揺れる力で赤色LEDを光らせる踏切警報機型のおもちゃなどを作った。

 同市の小学3年生は「夏休みの工作で作ってみたくて参加した。とても上手に作れた」と喜んでいた。