スキップリンク

郡上節やソーラン節、力強く 岐阜民謡まつり
2017年05月22日
写真:郡上節やソーラン節、力強く 岐阜民謡まつり
稽古の成果を披露する県民謡研究会の会員ら=岐阜市学園町、ぎふ清流文化プラザ

 第42回岐阜民謡まつり(岐阜新聞・ぎふチャンなど後援)が21日、岐阜市学園町のぎふ清流文化プラザで開かれ、県民謡研究会(玉田和浩会長)の会員らが全国各地の民謡を披露し、約450人の観客を魅了した。

 日頃の稽古の成果を発表する場として毎年開いており、42回目。会員や、和太鼓グループ「うずら太鼓」のメンバーら計約90人が出演した。今年は琴も初めて演奏に加わり、発表に花を添えた。

 出演者は「ソーラン節」や「河内音頭」など47曲を披露。「ひだやんさ」や「郡上節」は、観客も一緒に歌って楽しんだ。