【移動編集局】地方創生〜チカラは地から〜 信長450

ノブたび 岐阜ゆかりの人物編

【鷺山城】 道三、隠居後の居城

【鷺山城】 道三、隠居後の居城
隠居後の斎藤道三の居城、鷺山城からは堂々とそびえる金華山を望むことができる=岐阜市鷺山、鷺山公園

 斎藤道三(どうさん)は、織田信長公が美濃国を支配する以前、稲葉山城(岐阜城)の城主だった人物だよ。現在の岐阜の礎を築いたのに、悲惨な末路をたどったんだ…。隠居後の居城、鷺山(さぎやま)城(岐阜市鷺山)からは、堂々とそびえる金華山を望めるよ。

 油売りから下克上で成り上がった話が有名な道三。実は父親と2代で美濃を手にしたことが最近の研究でわかったんだ。城下町を整備し、稲葉山城の一部に石垣を築いたともいわれ、まちづくりに貢献した人なんだ。

【鷺山城】 道三、隠居後の居城
長良川の戦いで、敗れた斎藤道三を祭る道三塚=岐阜市長良福光

 息子義龍(よしたつ)に家督を譲った後は鷺山城で暮らしたそうだけれど、晩年は義龍と不仲になり1556年に長良川の戦いで討たれてしまうんだ。標高約68メートルの鷺山は、金華山と比べると小さくて、15分もあれば登れるよ。道三はどんな気持ちで金華山を見ていたのかな…。

 義龍は戦いから数年後に病死したんだ。道三の進めた城下町整備や城造りを引き継ぐことになったのは、むしろ娘濃姫と結婚した義理の息子信長公だったんだから、感慨深いよね。う〜ん、ぜひにおよばず☆

 【濃姫遺髪塚】 岐阜と信長 縁結ぶ   
 【高山城】 風流人・長近の思い
 【明智城】 光秀巡る永遠の謎
 【菩提山城】 半兵衛の拠点、広大
 【岩村城】 残る女城主の伝説
 【美濃金山城】 森蘭丸の権威示す
 【鷺山城】 道三、隠居後の居城