岐阜新聞創刊135年記念事業 かべ新聞コンクール 〜ぎふっ子 応援プログラム〜
 岐阜新聞社は「かべ新聞コンクール2017」を開催します。県、県教育委員会、岐阜市、同市教育委員会、県小中学校長会の後援。かべ新聞コンクールは子どもたちの探究心や表現力などを育もうと昨年度、岐阜新聞創刊135年記念事業として行われ、本年度が2回目となります。対象は県内の小中学生、および学校。皆さんの力作を期待しています。
●応募要項
資格 岐阜県内に在住・在学の小学校4年生〜6年生と中学生
部門 小・中学生それぞれに個人の部、団体の部(学校・クラス・班)
規定 作品形態/個人の部:四つ切り画用紙(38cm×54cm)
              またはA3の用紙
        団体の部:模造紙1枚(79cm×109cm)

※個人の部・団体の部ともに、学校を通じてご応募ください。
※1人・1グループ1作品に限ります。
※作品の縦横は自由です。
※作品は、応募者が平成29年5月8日以降に作成した未発表のものに限ります。
※応募作品(採用作品を含む)の著作権は応募者に帰属します。
※応募者は、主催者(岐阜新聞社)が岐阜新聞紙面への掲載、新聞およびチラシ類  での募集などの事業紹介や記録のために応募作品を利用することを認めること  とします。
※応募作品は返却いたします。(平成30年2月末 予定)
※応募に関する個人情報は、審査および入賞作品の発表、本人への連絡など本事業  の目的以外には使用しません。岐阜新聞社が適切に管理します。
※作品の裏面に指定の応募票(記入見本参照・コピー可)を添付してください。
テーマ 自由(例:歴史新聞、環境新聞、我が校の自慢、地元のすごい人)など皆さんの興味や 関心を自由にかべ新聞にしてください。ただし、本や辞書からの書き写しではなく、 テーマにそって自分(達)で考え、オリジナルのかべ新聞を作ってください。 絵、イラスト、写真、パソコンを使ってもかまいません。
※他者の著作権、肖像権を侵害する恐れのあるものは使用できません。  またWEB上でコピーしたものは使用できません。
参加申し込み期間 参加申し込み期間は終了しました。
作成締切 平成29年10月31日(火)
作品受取期間 平成29年11月1日(水)〜11月10日(金)
※上記期間中に、岐阜新聞販売店または岐阜新聞担当者が直接学校へ  伺います。
審査会 平成29年12月下旬
入選発表 平成30年1月上旬 ※岐阜新聞紙面で発表します。
表彰式 平成30年1月27日(土) 会場=岐阜新聞社スカイホール
最優秀賞 1点/岐阜県知事賞 1点
岐阜県教育委員会賞 1点/岐阜市長賞 1点
岐阜市教育委員会賞 1点/岐阜県小中学校長会賞 1点
岐阜新聞社賞
※参加者全員に記念品を贈呈します。
作品展示 日時:平成30年1月27日(土)、28日(日)
会場:みんなの森ぎふメディアコスモス(岐阜市司町40番地5)


Adobe Readerダウンロード

PDF文書を読むにはパソコンにAdobe Readerがインストールされている必要があります。インストールされていない場合は、左の「Get Adobe Reader」バナーをクリックして、Adobe Readerをダウンロード、インストールしてください。


どんなことを題材にしたらいいの?どのようにレイアウトしたらいいの?新聞作りに関する いろいろな疑問にお答えするために、岐阜新聞社より担当者が出向いての『出前授業』を 行います。ご希望の学校は、別紙参加申し込み書にご記入ください。
 ※応募状況等により、すべてのご希望に沿えない可能性があります。ご了承ください。
問い合わせ
  岐阜新聞社総務局内 かべ新聞コンクール係
TEL 058−264−1153
FAX 058−264−5955
問い合わせ
時間
平日 10:00〜17:00


昨年度のコンクール入賞作品紹介

 岐阜新聞社の創刊135年記念事業「かべ新聞コンクール〜ぎふっ子応援プログラム」(後援・県、県教育委員会、岐阜市、同市教育委員会、県小中学校長会 協賛・岐阜新聞岐新会)には、県内の小中学生から個人作品(四つ切り画用紙など)、団体作品(模造紙)の計1233点が寄せられ、審査の結果、入賞10点、入選50点が決まりました。 テーマは幅広く、古里の自然環境や学校行事、いじめや防災などの社会問題も。児童生徒はそれぞれの視点を持ち、実際の様子を見に行ったり、詳しい人を訪ねたりして取材しました。また読み手を引き付けるために、見出し、レイアウトなどに工夫を凝らしました。 表彰式は、岐阜新聞本社で行われ、入賞、入選の全作品は岐阜市司町のみんなの森ぎふメディアコスモスで展示されました。

◆入賞者一覧

◆楽しさあふれた「学びの場」
 県小中学校長会 大塚弘士会長 (岐阜市立長良小学校長)

 かべ新聞コンクールには、県内全域から1200点を超える多数の応募がありました。取り上げられたテーマは、学校や地域の生活、自然や歴史、国際文化比較、環境や災害などの社会問題と多岐にわたっていました。作品からは、目と耳と心で見つめ考えたことを、自分の言葉で分かりやすく伝えようと、工夫しながら楽しく取り組んだ様子が伝わってきて、大変うれしく思いました。 コンクールは子どもたちにとって貴重な「学びの場」にもなりました。企画、取材でものごとを見る力、紙面構成でレイアウトの工夫などの創造力、記事の執筆では思考力、文章表現力が求められます。これらはすべて、子どもたちがこれからの時代を生き抜いていくのに必要な力であり、それらが新聞づくりという総合的な活動の中で育まれたことでしょう。 「学級新聞」「個人新聞」「学習新聞」。子どもたちの新聞づくりにはさまざまなスタイルがあります。今後も学校や家庭で楽しみながら、取り組んでいけるよう期待しています。

主催 岐阜新聞社
後援 岐阜県、岐阜市、岐阜県教育委員会、岐阜市教育委員会、岐阜県小中学校長会
協賛 岐阜新聞販売店会

岐阜新聞・ぎふチャン