頑張ってます岐阜県人

船戸(旧姓・安) 元子さん

鉄道模型・工具店「FMODELS」経営

鉄道模型の世界広げる

船戸(旧姓・安) 元子さん
巨大なレンタルレイアウト(改装中)も人気の「F MODELS」の船戸元子さん=東京・秋葉原

 クールジャパンの聖地、東京・秋葉原に鉄道模型店を構えて9年。社長で夫の康志さん(43)=関市(旧武儀郡洞戸村)出身=と一緒に店を切り盛りする。特に工具は業界トップ級の品ぞろえで、昨年末には体験用のレンタルレイアウトも開設、愛好家が足しげく通う。

 岐阜市出身。岐阜北高、同志社大へ進学。卒業旅行は1人で1カ月間、北米で過ごし「ゼロから自分でやる感覚がすごく面白かった」。刺激が忘れられず就職後も英国へ留学。「風の吹くまま気の向くまま生きてきただけ」と無邪気に笑う。

 帰国後に岐阜の玩具店に勤務する康志さんと出会った。店の東京進出を手伝うという康志さんに誘われ上京、およそ5年後に2人で独立した。

 来店客は元子さんより詳しい“オタク”ぞろい。学ぶことも多い。それでも「ニッチな分野じゃなく、男女も年齢も問わず楽しめる世界にしたい」との思いは強い。

 近年は米国進出を目指し、市場調査と自社商品の開発に力を注ぐ。「まず国内でもっと知名度を高め、鉄道模型ならここ、と言われる存在になる」。千代田区在住。47歳。

(岐阜新聞 2017年7月13日掲載)