頑張ってます岐阜県人

カトウ カズヤさん

映像制作会社KANKI社長

音楽映像への思い貫く

カトウ カズヤさん
映像制作のスキルで「ふるさとに貢献したい」と語るカトウカズヤさん=東京都渋谷区代官山町

 生まれは美濃加茂市。自営業の両親を見て育ち「生きていくのに必要」と大学では経営を学んだ。中高生時代から音楽が好きで、ミュージックビデオ(MV)を撮ろうと映像制作会社の門をたたいた。

 入社した1990年代は「映像技術がすごく進歩した時代」。憧れの会社で3次元CGなど最先端の技術を学んだが、音楽映像や実写への思いは強く、MVを多く手掛ける会社に移った。

 連日の徹夜で「20代は仕事しかしなかった」。それでも「自分の能力を上回る仕事に挑戦し、乗り越えていく感じが楽しかった」と振り返る。

 方向性に悩み、精神的に追い込まれた時期もあったが、1999年に独立し、2005年に法人化。音楽関係以外にも、企業のCMなど仕事の幅を広げてきた。

 「何でも勉強しないと作れない。知らないことを学び、いろんな場所に行き、たくさんの人に出会える」と充実した表情。ドラマや映画などストーリーのある映像にも挑戦したいという。

 年を重ね、社会やふるさとに貢献したい気持ちも強まった。「自分のスキルを生かして役に立ちたい」。東京都目黒区在住。

(岐阜新聞 2017年9月21日掲載)