頑張ってます岐阜県人

TAKKIさん(本名・中村拓暉さん)

マジシャン

舞台で“魔法”操り観衆魅了

TAKKIさん(本名・中村拓暉さん)
つい先日、初めて特注した衣装が完成。新たな気持ちで舞台に立つTAKKIさん=東京・新宿、マジックバー手品家新宿店

 子どものころ、映画の「ハリー・ポッター」を見て「魔法使いになりたい」と願った。夢をかなえた少年はいま、舞台上で自在に“魔法”を操り、人々を魅了している。

 出身は大垣市。マジックに関心を持ち、教室に通って世界的なイベントも見に行った。プロは具体的な目標になっていったが「何から始めればいいか分からなかった」。

 転機は高校1年。岐阜市内で著名なマジシャンHARAさんに会い「コンテストにたくさん出なさい」と助言を受けた。3カ月後には初めてコンテストに出場。「何が足りないかも分からなかったけど楽しかった」

 以来、3年間で10回以上出場。2年の時、新宿で開かれた大会で歴代最年少優勝を決めた。観客の審査で選ばれ「お客さんの心をつかめたことが何よりうれしかった」。

 現在は都内でステージに立つほか、月の半分はプロのアシスタントとして世界中を飛び回る。休日もマジックのことを考えない時はない。「たまには忘れてよ」と恋人に振られたこともある。

 プロに必要なのは人間性という。「(舞台では)人生の厚みが出る。だから何にでも挑戦したい」。来春にはプロとして初めて岐阜公演を計画。東京都世田谷区在住。22歳。

(岐阜新聞 2017年11月10日掲載)