スキップリンク

岐阜新聞Web

岐阜新聞電子版 お申し込みはこちら!!

第97回全国高校野球選手権 熱闘!岐阜大会


決勝(7月25日)

岐阜城北 頂点へ一気 

 第97回全国高校野球選手権岐阜大会最終日は25日、岐阜市の長良川球場で決勝を行い、岐阜城北が7−3で斐太を下し、前身の岐阜三田時代と合わせ14年ぶり3度目の優勝を果たした。飛騨から初の甲子園出場を目指した斐太は準優勝となった。

 岐阜城北は同点の三回に池尾俊祐の適時打などで4点を奪い勝ち越すと、その後も着実に加点し、終始、試合を支配した。先発鷲見直輝は持ち前の緩急で相手打線を3失点に抑えた。

 斐太は打線が3得点に終わり、4失策も響き、エース根尾学は、通算885球の力投もむなしく、岐阜城北打線を止められなかった。

 岐阜城北は、甲子園球場で8月6日に開幕する全国大会に県代表として出場する。

関連ニュース

高校野球イニング速報

岐阜新聞のお申し込みはこちら

(クリックで拡大)

第97回岐阜大会組み合わせ

第97回岐阜大会組み合わせ表

高校野球特集

県代表甲子園特集

リンク

サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は岐阜新聞に帰属します。