スキップリンク

岐阜新聞Web

岐阜新聞電子版 お申し込みはこちら!!

ぎふ高校野球

岐阜総合、延長制す 岐阜工に今夏の雪辱、秋季県高校野球

2014年 9月15日

写真:岐阜総合、延長制す 岐阜工に今夏の雪辱、秋季県高校野球

岐阜工×岐阜総合=延長10回表岐阜総合1死二、三塁、広瀬が勝ち越しの2点中前適時打を放つ=大野レインボー

 延長十回の接戦を制して5年ぶりのベスト4に名乗りを上げた岐阜総合。勝ち越しの2点中前適時打を放った広瀬智は「がむしゃらに振っただけ。夏の雪辱を果たせてよかった」と笑みを浮かべた。

 相手は今夏の岐阜大会の準決勝でサヨナラ負けした岐阜工。打線は4安打に抑え込まれたが、この試合2度あった無死1塁の好機を確実にものにした。同点とした七回に続き、1ー1で迎えた延長十回は、先頭の鈴木啓也が四球で出塁、さらに四球と送りバントで1死二、三塁とし、広瀬が高めの直球を強振して試合を決めた。野村淳監督は「スクイズではなく、ヒットで点を取り、これからに勢いを付けたかった」と采配に応えた広瀬を褒めた。

 初戦で夏の甲子園大会に出場した大垣日大を破ると、2回戦の海津明誠戦も延長の末に勝利、この日も延長戦を勝った。野村監督は「次もこういう展開に持ち込みたい。総合力でうちらしい野球ができれば」と気を引き締めた。


高校野球 岐阜関連ニュース

岐阜新聞のお申し込みはこちら

47NEWS 高校野球

高校野球特集

県代表甲子園特集

リンク

サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は岐阜新聞に帰属します。