スキップリンク

岐阜新聞Web

岐阜新聞電子版 お申し込みはこちら!!

ぎふ高校野球

目指せ、全国制覇 投手編(下)

2016年 7月 6日

写真:目指せ、全国制覇 投手編(下)

調整する長沢。「無失点に抑えられれば、勝てる」と自慢の左腕に力を込める=大垣工高

大垣工・長沢諒 多彩な変化球持ち味

 173センチと上背はないが、左腕から繰り出す直球は、打者の手元でぐっと伸びる。コーナーに投げ分ける多彩な変化球とのコンビネーションで、的を絞らせない。

 2年からエース番号を背負った3歳年上の兄・佑磨を追うように、大垣工の門をたたいた。だが「フィールディングが苦手だったり、持ち球も少なかったりと、欠点だらけだった」と振り返る。

 急成長は、昨年秋。県大会2回戦で敗れたが猛打中京に3失点完投。「一つ一つの球に磨きをかければ、もっと上にいける」と確信を持った。

 フォークやツーシームなどの新たな変化球に挑戦。今春から強気なリードが売りの捕手森龍紀と組んだことで思い切りいい投球に結びついた。「どんなに強い相手でも気持ちで立ち向い、最後の夏を制す」と気持ちを高ぶらせた。

写真:目指せ、全国制覇 投手編(下)

チーム8年ぶり優勝の鍵を握る徳永(右)と松向の両輪=市岐阜商高

市岐阜商・徳永拓也 松向輝 左右のダブルエース

 8年ぶり甲子園を狙う強豪の左右ダブルエースは競いながら高め合ってきた。右の徳永は、上背や球威はないものの、低めに集める小気味よいマウンドさばきが身上。「三振ではなく、打たせて取ることが持ち味」と話すように、カーブとスライダー主体の組み立てで凡打を誘う。「昨年よりも変化の量が大きくなった」という左打者の外に逃げるツーシームは、打ち気にはやる相手に効果絶大だ。

 左腕松向は、テークバックが小さく、球の出どころが見づらいフォームから球威ある直球を繰り出す。制球力に難があったが「冬の下半身強化で安定感が増した」と克服。球種も縦と横のスライダー、カーブ、カットボールに加えスプリットも投げる。2試合に先発した春季県大会の好投で、さらに自信が付いた。

◇  ◇ 

 ほかにも今夏は2年生投手に好素材がひしめく。左腕では大垣日大の石川隼也と伊藤翔平、中京の小鶴純貴、美濃加茂の池戸昇太。右では県岐阜商の岡本滉史も注目だ。


高校野球 岐阜関連ニュース

サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は岐阜新聞に帰属します。