スキップリンク

岐阜新聞Web

いい旅・いい味 ぎふ巡り

釣り情報

釣り速報

5月30日 午後3時現在

場所 魚種 水況・海上 えさ・釣り方 釣果 大きさ 問い合わせ先
津保川
(関市神野)
平水 良好
友釣り
35匹 16〜39cm 津保川長瀬
0575(29)0302
ポンドエリア
(美濃市)
ニジマス
(29日)
ルアー 32匹 25〜28cm 美濃フィッシングエリア
0575(37)2113
二ツ池
(養老町)
ヘラブナ 平水 イモグルテン
バラケ
9匹 25〜32cm つり具つり餌
「魚心」
0584(82)5500
美浜沖
(若狭湾)
ムギイカ 波穏やか マシュマロ針 98〜245杯 15〜26cm 美浜釣舟センター
0770(32)1308
志摩沖
(三重県)
オニカサゴ
クロムツ

(29日)
カツオハラモ
テンビンフカセ
20匹
2匹
20〜39cm
36cm・39cm
釣り船「智栄丸」
090(2345)9325
大野沖
(愛知県)
キス
タコ

(29日)
イシゴカイ 33〜76匹
2杯
15〜24cm
0.4s・0.8s
つり船「玉や」
0567(68)1330
伊良湖沖
(伊勢湾)
カサゴ 波高い ハゼ
サビキ4本針
32〜63匹 17〜27cm 釣り船
「すずえい」
0569(63)0775
大山沖
(伊勢湾)
サバ
アジ
アミエビ
サビキ3本針
18〜36匹
0〜6匹
32〜44cm
25〜30cm
釣り船「七福丸」
0569(63)0472
フィッシング

2016年5月27日

サツキマスは追い込み(鮎釣り解禁の長良川漁協管内)
写真:5月2日午前9時20分頃、ルアーフィッシングで釣り上げた45センチのサツキマス=岐阜市内
5月2日午前9時20分頃、ルアーフィッシングで釣り上げた45センチのサツキマス=岐阜市内

 今年も長良川漁業協同組合では、5月11日に鮎漁が解禁となった。4月に行われた長良川遡上(そじょう)調査での鮎は、数も多く型も例年より大きくなっており、5月からの遡上もあり今後も期待できる。

 鮎釣りは主に友釣り。遡上鮎は小型も多いので毛針での釣りも楽しめる。釣りポイントとされる場所は、管内の長良川どの場所にも鮎はいるが、より上流へ行くほど石が大きくなるので、あとは縄張りになりそうな良い石を探すだけ。

 鮎釣りの解禁とは逆に、サツキマス釣りは追い込みに入る。昨年も12月に銀毛アマゴ1210キロの放流を行っている。銀毛アマゴとは海に下るアマゴのことを言い、海の餌を十分に取って春になると産卵のために必ず自分の育った川へサツキマスに成長して帰ってくるとても賢い魚で、釣るには難しいとも言われている。

 サツキマスの釣りポイントは、まだどこでも良いが、入りやすい場所としてはJR鉄橋から上流、藍川橋までの各橋付近。6月下旬頃まで続く。釣り方としてはほとんどの釣り人がルアーフィッシングをしているが、それ以外にもムーチングや餌釣りなどがある。水が濁った時などはミミズがいいと言われる。

 当組合管内では川漁師さんがすば網という仕掛けを作って川の中に設置してある。その付近でルアーなどを投げると引っ掛ける可能性があるので注意してほしい。各ポイントで近くに釣り人がいる場合にはひと声をかけ、ある程度の距離をあけて、釣りを楽しんでいただきたい。

 雑魚釣りの年券4000円、日釣り400円(現場加算200円)。鮎釣りの年券7000円、日釣り1500円(現場加算500円)。問い合わせは同漁協、電話058(295)3878。

(長良川漁業協同組合事務局・浅野彰吾)

岐阜新聞のお申し込みはこちら

サイドメニュー

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は岐阜新聞社または配信元の通信社、情報提供者に帰属します。