スキップリンク

岐阜新聞Web

いい旅・いい味 ぎふ巡り

釣り情報

釣り速報

5月22日 午後3時現在

場所 魚種 水況・海上 えさ・釣り方 釣果 大きさ 問い合わせ先
長良川
(郡上市美並)
サツキマス ミミズ 1匹 38cm 郡上漁協
0575(65)2562
付知川
(中津川市)
30cm減水 あか腐れ気味 33匹 14〜17cm 恵那漁協
0573(65)5118
二ツ池
(養老町大場)
ヘラブナ 平水 グルテン 10匹 25〜35cm つり具つり餌
「魚心」
0584(82)5500
日向湖
(福井県)
チヌ
マダイ
ボケ
オキアミ
5匹
2匹
30〜48cm
31〜34cm
わたなべ渡船
0770(32)1081
美浜沖
(若狭湾)
ムギイカ
(半夜釣り)
マシュマロ針 51〜228杯 12〜23cm 美浜釣船センター
0770(32)1308
鷹巣沖
(福井県)
マダイ
ヒラマサ
波穏やか オキアミ 22匹(3人)
1匹
30〜78cm
61cm
越前フィッシングセンター
0776(22)1095
大山沖
(伊勢湾)
サバ
アジ
波穏やか アミエビ
サビキ5本針
39〜46匹
10〜21匹
36〜46cm
22〜25cm
釣り船
「すずえい」
0569(63)0775
大山沖
(伊勢湾)
サバ
アジ
波穏やか アミエビ
サビキ5本針
10〜29匹
0〜12匹
36〜43cm
23〜35cm
釣り船「七福丸」
0569(63)0472
フィッシング

2017年5月19日

好釣果、イワナ30センチ超も(丹生川漁協管内の渓流釣り本番)
写真:小八賀川上流で釣りをする上平茂輝さん=高山市丹生川町久手
小八賀川上流で釣りをする上平茂輝さん=高山市丹生川町久手

 今年の飛騨地方は例年にない大雪となり、川沿いには遅くまで多くの雪があり、4月中旬までは釣果はいまひとつであった。しかし、雪解けとともに川の水量が増加、岩のコケ類(藻)も流れ落ちて底まで見える透き通った水となると、釣果も上がり、1時間30分ほどの釣り時間で15〜20匹を釣り上げることができるようになった。30センチを超えるイワナが釣れることもある。

 小八賀川本流での釣果は、良好であり、多くの魚たちがまだ居残っていると思われる。5月に入って水温も徐々に上がり、魚たちの活性が高まり、これからの好釣果が期待される。

 小八賀川本流の穴場は、道路から降りにくい所、上流のやや川幅が狭くなってきた朴の木平スキー場周辺、支流も何本かあるがやや奥へ入った辺りかと思われる。特に小八賀川のイワナは天然が多く、水温が夏でも上がらないため、食味が良好と評判が良い。

 荒城川においても本流では鮎釣り、森部谷の支流、ロッセ地区ではイワナ、ヤマメが良好。木地谷渓谷の天然イワナも美味で、渓流の美しさと合わせて評判が良い。両河川とも本流は長めのさお18尺(5.5メートル)程度、支流では11尺(3.3メートル)程度のさおが適当、餌は川虫が最適。遊魚券、地図などは丹生川町内のコンビニエンスストアにある。

 雑魚年釣り券5000円、日釣り券1000円、鮎年釣り券6000円、日釣り券1500円、宿泊民宿3000円(素泊まり)から7000円(1泊2食)まで。問い合わせは丹生川漁業協同組合(JAひだ丹生川支店内)、電話0577(78)1057。

(丹生川漁業協同組合監事・上平茂輝)

岐阜新聞のお申し込みはこちら

サイドメニュー

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は岐阜新聞社または配信元の通信社、情報提供者に帰属します。