スキップリンク

岐阜新聞Web

いい旅・いい味 ぎふ巡り

釣り情報

釣り速報

2月18日 午後3時現在

場所 魚種 水況・海上 えさ・釣り方 釣果 大きさ 問い合わせ先
五三川上流
(養老町)
ブラックバス 平水 ルアー 1匹 27cm つり具つり餌
「魚心」
0584(82)5500
入鹿池
(愛知県犬山市)
ワカサギ アカムシ
ベニサシ
30〜310匹 5〜9cm 見晴茶屋
0568(67)0705
ハナレ
(三重県)
グレ
チヌ
オキアミ 2匹
4匹
31cm・33cm
41〜43cm
柴山渡船
05972(2)5566
菅島沖
(三重県鳥羽市)
マダイ
ワラサ

(17日)
ウタセエビ 9匹(2人)
1匹
25〜50cm
73cm
釣り船「中佐丸」
0599(34)2348
志摩沖
(三重県)
キツネダイ
(16日)
カツオハラモ 1匹 32cm 釣り船「智栄丸」
090(2345)9325
伊良湖沖
(伊勢湾)
ショウサイフグ
ヒガンフグ
アオヤギ
カットウ仕掛け
4〜11匹
1〜4匹
16〜24cm
18〜28cm
釣り船「松新」
0569(63)1173
伊良湖沖
(伊勢湾)
カサゴ
イネゴチ
ハゼ 28〜61匹
0〜2匹
16〜26cm
22〜40cm
釣り船
「すずえい」
0569(63)0775
伊良湖沖
(伊勢湾)
カサゴ 波穏やか コウナゴ
ハゼ
30〜57匹 16〜27cm 釣り船「七福丸」
0569(63)0472
フィッシング

2017年2月17日

アマゴ20センチ前後、釣果上々(郡上漁協管内・渓流釣り解禁)
写真:解禁日に小駄良川でさおを出す釣り人たち=郡上市八幡町初音、初音橋付近
解禁日に小駄良川でさおを出す釣り人たち=郡上市八幡町初音、初音橋付近

 15日、長良川上流の郡上漁業協同組合管内で渓流釣りが解禁した。解禁日、午前8時の気温は氷点下2度。積雪はほとんどなく、晴天であったが寒さ厳しい中での解禁となった。水位は八幡町付近で20センチ減水、水温は午前8時で4度と例年並みだった。

 当日の成魚放流場所には約450人の釣り人が入川し、郡上市八幡町と美並町の成魚放流場所では、午前中の平均釣果が20センチ前後のアマゴを10匹前後だった。中には50匹近くの釣果もあった。仕掛けはさお6メートル、ハリス0.3号、餌はイクラが多く使われていたようだった。

 これから3月下旬までの土曜、日曜日はほぼ毎週アマゴ成魚放流を行う予定であり、天然魚が本格的に活性化するまでは初心者でも渓流釣りの醍醐味(だいごみ)を味わえる。天然魚の状況は昨年の秋、各支流には魚の姿がよく見られており、3月上旬の水温が上がる頃には各支流で楽しめそうだ。また、4月中旬ごろからは長良川本流で脂の乗った幅広の大物釣りも楽しめそうである。

 いよいよ渓流釣りシーズンが開幕したが、郡上漁協では警察や関係機関と協力しながら、水上安全や環境保全のパトロールを実施している。これからの時期、谷川ではゆるんだ積雪が崩れたり、足を滑らすなどの水難事故も発生しやすい。安全第一で楽しい釣りをしてほしい。また、ごみは持ち帰っていただき、河川美化に心掛けていただくとともに、車内には貴重品を置かないようにして、車上狙いの防止にも努めていただきたい。

 問い合わせは郡上漁協、電話0575(65)2562。

(郡上漁業協同組合・村瀬和典)

岐阜新聞のお申し込みはこちら

サイドメニュー

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は岐阜新聞社または配信元の通信社、情報提供者に帰属します。