グレゴリオ暦と一致か 下呂市の金山巨石群 − 岐阜新聞 Web
グレゴリオ暦と一致か 下呂市の金山巨石群
2015年12月12日09:29
写真:グレゴリオ暦と一致か 下呂市の金山巨石群
金山巨石群で暦の観測に使われていたと推測される石と石棒=岐阜県下呂市金山町大船渡、市金山振興事務所

 岐阜県下呂市金山町岩瀬の県指定史跡で、縄文時代の天文台とみられている「金山巨石群」を調査している金山巨石群調査資料室は11日、現代と同じ太陽暦の「グレゴリオ暦」に基づいた観測ができる可能性が極めて高い、との調査結果を発表した。

 金山巨石群は推定4500年以上前に造られたとされる。高さ9〜10メートルの岩が折り重なり、岩と岩の隙間から差し込む太陽光の位置や大きさなどから暦を読み取ったとされる。

 同資料室によると、巨石群にある3カ所の遺跡のうち、岩屋岩蔭遺跡巨石群内部の特定の石の端に、4年周期で10月15日に長さ約10センチの光が当たることを観測。さらに、国立天文台が示す太陽高度のデータと照らし合わせた結果、128年周期で10月15日に観測できるはずの光が差し込まず、平年は光が当たらない2月26日に光が観測されることが分かった。

 そのため、縄文人は光の変化によって4年周期の閏(うるう)年、128年周期で訪れる約1日分の暦のずれを知っていたと考えられるという。資料室代表の小林由来さん(67)=同市金山町金山=は「16世紀に欧州で導入された暦がそのはるか昔の日本で観測、解明されていたとすれば驚くべきこと」と話している。

 巨石群内からは差し込む光の形と同じ形状に加工された石、石棒なども見つかっている。小林さんは「稲作をしていない縄文人がなぜここまで正確な暦を知ろうとしたのかは分からないが、変化の少ない時代背景が長期間の観測を可能にしたのではないか」と推察する。

【グレゴリオ暦】 現行の太陽暦として世界各国で用いられている暦法。1年の長さは365日と5時間48分46秒のため、4年に1度閏(うるう)年を加えていくと、128年周期で約1日分のずれが生じる。そのため、グレゴリオ暦では400年の間に3回閏年を外すことで、時間のずれを修正している。