郡上市、サミットを応援 志摩市に割り箸5万膳贈る − 岐阜新聞 Web
郡上市、サミットを応援 志摩市に割り箸5万膳贈る
2016年02月04日09:25
写真:郡上市、サミットを応援 志摩市に割り箸5万膳贈る
大口秀和志摩市長(右)に目録を手渡した日置敏明郡上市長=三重県志摩市役所(郡上市提供)

 岐阜県郡上市は、5月に主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が開催される友好都市・三重県志摩市を応援しながら郡上市もPRしようと、郡上市の杉材を活用した「郡上割り箸」5万膳を贈った。志摩市内にある宿泊施設や飲食店など75施設に配布してもらう。

 郡上市の旧白鳥町と志摩市の旧志摩町が以前から交流を続けてきた縁で、両市は2011年に友好都市提携協定を締結。交流を深めている。

 「山のまち郡上市」から「海のまち志摩市」を応援する物として、山の恵みをイメージできる杉の端材を使った割り箸を選定。同市明宝の「郡上割り箸」が手掛けた5万膳を贈ることにした。

 箸袋も特別に作成。表面は山と海を連想させるデザイン。裏面には郡上市と志摩市の位置を表す地図や郡上八幡城の写真、郡上市のマスコットキャラクター「郡上良良(らら)ちゃん」をあしらい、郡上市をPRしている。

 志摩市役所であった贈呈式で、日置敏明郡上市長から大口秀和志摩市長に目録が手渡された。