柳ヶ瀬で月1フリマ開催へ 商店主ら実行委創設 − 岐阜新聞 Web
柳ヶ瀬で月1フリマ開催へ 商店主ら実行委創設
2016年02月09日08:58
写真:柳ヶ瀬で月1フリマ開催へ 商店主ら実行委創設
出店者を募集する平田英樹実行委員長(中央)ら=岐阜市役所

 岐阜市の柳ケ瀬商店街で3月から、毎月第4日曜日にフリーマーケット「やながせフリーモール」が定期開催される。毎月第3日曜日に開き、毎回4千人近い集客がある「サンデービルヂングマーケット」(サンビル)と並んで、柳ケ瀬再興に向けたにぎわい創出の場として育てていきたい考え。

 岐阜柳ケ瀬商店街振興組合連合会などで活動する商店主ら8人が、実行委員会を立ち上げた。

 サンビルが量販店との差別化を図ろうと手作りの品にこだわって出店者を募っているのに対し、やながせフリーモールではジャンルを絞らず幅広く出店者を受け入れる。

 実行委員長の平田英樹さん(41)によると、サンビルが新たな客層を柳ケ瀬に取り込んだ一方、趣向の違いなどから既存の商店の集客につながっていないというジレンマもあったという。「今あるお店の顧客にもなり得る人たちを柳ケ瀬に呼び込むイベントとして幅広い年代から好まれるフリーマーケットを選んだ」と話す。

 会場は、柳ケ瀬本通りと日ノ出町商店街を軸に出店数に合わせて設定。旧長崎屋前(同市日ノ出町)にはフードコートエリアを設けて、飲食の出店者も募る。参加費は一般ブース2千円、フードコートエリア4千円(いずれも2・5メートル四方)。

 初回は3月27日に開催。出店者は同月12日まで募る。問い合わせは同実行委事務局(ヒラタ産業内)、電話058(266)4124。